協会紹介

NPO法人 「日本ティーボール協会」の歩み

1975年4月
国民皆ベースボールの研究と実践を開始する。
1977年5月
レクリエーション球技に於ける一考察―ベースボールとソフトボールを中心として―を発表する。(日本語と英語で)
1981年5月
「大学スローピッチソフトボール研究会」を創設する。
「ティーボール」の研究と実践を開始する。
1981年7月
「14インチ・スローピッチ・ソフトボール」(体育施設出版)を発表する。
1985年3月
国民皆ベース・ボールの研究と実践のため再びハワイ大学へ(客員教授)1年間留学する。
1993年3月
「ティ・ソフトボール」を発表(早稲田大学体育研究紀要)する。(吉村 正)
1993年11月22日
「日本ティーボール協会」(会長海部 俊樹・副会長吉村 正)が発足する。
1994年2月
「ティーボール入門」発行する。
1994年4月
「ティーボールオフィシャルガイド&ルールブック」がベースボール・マガジン社より発刊される。
1994年5月
「第1回日本ティーボールセミナー」(現文部科学書支援)開催する。
1995年9月
「ティーボール ニュースポーツ百科」(大修館書店)に発表する。
1995年11月
4ヶ国語のティーボール・ルールブック(日本語、英語、中国語、韓国語)を完成させる。
1996年5月
日本レクリエーション協会に加盟する。
1997年11月
日本発「世界ティーボール連盟」の共同名誉議長にジョージ・ブッシュ第41代米国大統領が就任する。
1998年8月
「第1回全国小学生(3・4年生)ティーボール選手権大会」開催する。
1998年11月
学習指導要領改訂により、小学校・中学校の現場でベースボール型ゲームが行えるようになる。「ゲームの例」手やラケット、バットなどで打ったり、止まっているボールを打ったりするゲームと記述された。
1999年4月
「日本ソフトボール&ティーボールアカデミー」が発足する。ブラジルやヨーロッパでティーボールを指導する。
2000年4月
「小学校の体育」副教材「みんなの体育」(学研)の4年生と5年生版にティーボールが絵入りで掲載される。
2001年1月
日本ティーボール協会の中に「荒川野球塾」設立される。
2001年1月
NPO法人日本ティーボール協会設立される。
2001年1月
NPO法人の認証を受ける。
2001年9月
「ティーボールのすすめ」がベースボール・マガジン社より発刊去れる。
2002年6月
「TTA上級公認指導者」78名合格する。
2003年4月
「高校の体育」副教材でティーボールが採用される。
2008年8月
小学校学習指導要領解説体育編3・4年生でのティーボールに加え、5・6年生においてもベースボール型のなかで【例示】ティーボールと明記される。
2009年3月
「笑顔いっぱいティーボール」の冊子を完成させる。
2009年5月
全国全て(22,476校)の小学校にその冊子を配布する。
2009年6月
「Teeball For Everyone」を完成させる。

  2009年11月    世界野球連盟会長、世界ソフトボール協会会長、世界クリケット協会会長宛に
            50部ずつ発送する。

  2010年1月     「アジアティーボール協会」設立、初代会長に吉村正就任する。
     

  2010年8月     「第1回アジアティーボール協会」を西武ドームで開催する。

  2012年1月     「日本リトルリーグ野球協会」と協働の約束をする。

  2013年9月     「インドア・ティーボール」を発表し、公認球とする。
            幼児への普及、室内でのティーボール、高齢者への普及を加速させる。