さあ、一緒にティーボール 入門を読んでみよう!ティーボールは小さい子や少人数でもできるやり方があるんだよ!ティーがあれば、ぼくもわたしもイチローだ。

幼児が遊ぶティーボール

ティーボールラン

あそびを通じて育つもの

協応性、瞬発力、敏捷性、操作系運動スキル(打つ・捕る)、移動系スキル(走る)、空間認知能力

準備するもの

  • コーン(2)…1つをバッティングティーに、もう1つを折り返し地点に目印として置く。
  • バット(1)
  • バッティングサークル(1)
  • ティーボール(1)
  • ゴールライン(1)

あそび方

  1. みんなでジャンケンをし、1番勝ちがバッターに、2番勝ちが審判になる。他の子は、全員、ひろがって守備につく。
  2. 打者は、バッティングサークルの中から、バットでコーン上のボールをできるだけ遠くに打つ。打ったら、バットをバッティングサークル内に置いてから、コーンをまわってゴールライン目指して走る。
  3. 守っている子は、ボールを捕りに行き、捕ったら、ボールを持ってゴールラインを目指して走る。
  4. バッターとボールを受けた子の、どちらがはやくゴールインするかを競う。
  5. このとき、審判はゴールラインの端に立ち、どちらがはやくゴールインしたかをジャッジする。勝ったほうが次の審判となる。
  6. 審判は、新しいバッターとなり、ゲームを再開する。

メモ

バッターのほうが常に早くもどってゴールインできる場合は、折り返し地点までの距離を少し長くしてみましょう。
いろいろな大きさのやわらかいボールに変えて楽しんでみましょう。