さあ、一緒にティーボール 入門を読んでみよう!ティーボールは小さい子や少人数でもできるやり方があるんだよ!ティーがあれば、ぼくもわたしもイチローだ。

ティーボール競技規則(抄)

  1. 施設と用具
    1. ① 施設・使用球・使用バット・対象者
      場所 使用球 使用バット 塁間 対象者
      校庭
      体育館
      14 インチスクールボール 表面ウレタンバット 14m 小学1~6年生
      11 インチティーボール 14m 小学3・4年生
      12 インチティーボール 14~16m 小学5・6年生
    2. ② バッターズサークル
      本塁プレートの角を中心として半径3mの円を描く。打者はこのサークル内で打撃を行う。
    3. ③ バッティングティー
      バッティングティーは、本塁プレートの後方50㎝以上1m以内の間に置く。
  2. 競技者

    守備者は10名である。10名の守備者は、本塁手(ホームベースマン)と、1 塁手(ファーストベー スマン)、2塁手(セカンドベースマン)、3塁手(サードベースマン)、第1 遊撃手(ファーストショー トストップ)、第2遊撃手(セカンドショートストップ)の5人の内野手と、4人の外野手に分かれる。 外野手は、左翼手(レフトフィルダー)、左中堅手(レフトセンターフィルダー)、右中堅手(ライトセ ンターフィルダー)、右翼手(ライトフィルダー)に分かれる。他の選手はエキストラヒッター(打つだ けの選手)となる。

  3. 本塁手規程

    本塁手は打者が打撃を完了するまでは、バッターズサークルの外にいなければならない。

  4. 打撃規程
    1. ① 打者は審判が「プレイ」と宣告した後、バッティングティーに載せたボールを打つ。
    2. ② 打撃時の軸足の移動は1 歩までとする。2歩以上動かしたときは、ワンストライクが加えられる。 ツーストライク後からこれを行ったときは、打者は三振である。
    3. ③ 打者がボールを打たないで、バッティングティーだけを打ったときは、空振りでワンストライクが 加えられる。ツーストライクからこれを行ったときは、打者は三振である。
    4. ④ ツーストライク後からのファウルは、打者アウトである。
  5. 走塁規程
    1. ① 走者は打者が打った後、離塁することができる。走者の離塁が早いときは、走者は離塁アウト になる。
    2. ② 盗塁は認められない。
    3. ③ スライディングは禁止する(行うと走者アウト)。走者の1塁、2塁、3塁での駆け抜けは認めら れる(走者は塁ベースを駆け抜けた後、進塁の意思がない場合には野手にタッチされてもアウ トにならない)。
  6. 正式試合
    1. ① 2チームが攻撃と守備に分かれ、攻撃側の全打者が打撃を完了した時点で攻守を交代し、規定 の回数(イニング)を終えたとき、得点の多いチームが勝者となる。残塁の走者は次回に受け継 ぐ。最終回の残塁者はこの限りではない。
    2. ② 球審によって、「プレーボール」が宣告されると、試合は開始される。
    3. ③ フェアボールとファウルボールは、野球やソフトボールと同じであるが、バッターズサークルフェ ア地域内のライン上で野手がボールに触れたり、ボールが止まったときはフェアボールとする。
  7. 得点

    走者がその回終了までに、正しく1塁、2塁、3塁、本塁に触れた場合1点が記録される。

  8. 審判員

    審判員は、2人制で行う。2人は球審と塁審(1塁)に分かれる。

  9. フェアボールとファウルボール

    フェアボール