ティーボール指導員・審判員~審判法の要点~

ティーボール審判法の要点

日本ティーボール協会の公認指導者は、“ティーボール・ティーチャー”と呼称している。
文字どおりティーボールの先生として、明るく、楽しいティーボール環境をつくることが期待されている。
そのために、本協会の公認指導者は、審判員であると同時に、試合中にワンポイント・アドバイスができる指導者(先生)であることが要求される。
より優れたティーボール・ティーチャーになるためには、まず、審判法の要点を正しく理解し、声とジェスチャーにめりはりがある審判員になることが大切である。

審判の仕方

審判の仕方

審判員の心構え

審判員は、①当該プレーを見やすいところまで素早く動く。ただし、あまり近づきすぎないようにする。②安定した姿勢で立ち止まり、構える。③当該プレーを見続けて裁定する。以上の3項目には、特に留意したいものである。

審判員の宣告用語と基本動作

1.「プレイボール」(試合開始)

打者に正対して立つ。両足を少し開いて(閉じていてもよい)直立の姿勢。右手を頭の位置まで挙げる。手の平は指につけて前方に向ける。(写真①-1)

2.「プレイ」(プレーの再開)

同上(再開ができる状態か否か、よく見極めて宣告する。)(写真①-2)

3.プレイ宣告後の構え

打者のバットがボールに触れているかを見極めるため、ティー台とボールの接触点をよく見る。(写真①-3)

写真①-1

写真①-2

写真①-3

4.「タイム」(プレーの中断)

両足を聞き(閉じていてもよい)、両手軽く握って耳のところに置き、両手を開いて(45度の角度)頭上に挙げる。球審 または塁審は連動して同じ動作をする(写真②) 

写真②

5.「ストライク」(打者が空振りしたとき)

右手を頭上に挙げ、肘を90度に曲げる。左手は体の前面で軽く握る。(写真③) 

写真③

6.「ファウル」(バットがボールに触れないでティー台のみを打った時、バントやプッシュバントをした時、プレイ宣告後10秒以内で打撃しないとき、軸足を2歩以上動かして打撃したとき)

両足を開き(閉じていてもよい)、両手を軽く握って肩の前に置き、頭上斜め前方(45度の角度)に開いて挙げる。(写真④) 

写真④

7.「ファウルボール」

基本動作は、前述の「タイム」と同様。ファウルラインの(延長)線上まで素早く動いて正確に裁定する。(写真⑤) 

写真⑤

8.「フェア」(フェアボールかファウルボールの際どい場合のみコールする)

腰を落とし、フェアグランドに向けて手を差し出す。(写真⑥) 

写真⑥

9.「セーフ」

腰を落とし、両手を胸の前から真横に伸ばす。(写真⑦) 

写真⑦

10.「アウト」

右手を軽く開いて前方に伸ばし、軽く握りながら肘を90度曲げる。(写真⑧-1・2・3)

写真⑧-1

写真⑧-2

写真⑧-3

11.「ゲームセット」(試合終了)

両足を閉じて(開いていてもよい)、右手を頭上前方に挙げる。(写真⑨) 

写真⑨

12.塁審の基本的な構え

走者がいない時は、1塁ベース後方で、ファウルラインをまたいで位置する。走者がいない時は、この限りでない。(写真⑩) 

写真⑩

13.素早くティー台を移動

本塁でのプレーが予想される時、球審はティー台をバッターズサークル外へ素早く移動させる。 (写真⑪) 

写真⑪